見て分かる!ジェル・グリース・ワックスの違い(ver.メンズショートスタイル)

こんにちは!marsHOM・ヘアケアマイスター片岡です。

今回はメンズスタイリングでとくに使用されるスタイリング剤、
<ジェル>・<グリース>・<ワックス>の違いを、それぞれスタイリングした画像で見ていこうと思います。

モデルはマーズソレイユ店・稲垣くん。

IMG_0019_2

スタイリング剤の違いが分かるように、ドライ時はすべて同じ状態からスタートします。

◆ジェルの場合

IMG_0023_2

このように、パリッとした仕上がりになります。

3代目JSBみたいな感じですかね?

ジェルは本来このスタイルであれば、霧吹きなどで毛髪を少し湿らせてあげてからスタイリングもしやすくより良い感じにスタイリングできます。

またジェルにはスタイリング剤の中でも、多くの水分を含む為、艶もよく出ます

また、使用後ジェルは早く乾燥する為、パリッとした仕上がりになります。スタイリング剤単体ではキープ力は1番です。

◆グリースの場合

IMG_0027_2

近年ネオクラシカルといった80年代のスタイルやbarberスタイルの流行りとともに人気が爆発したスタイリング剤、グリース。

今なお人気のスタイリング剤ですが、ワックスとジェルと何が違うの?とよく聞かれますが、簡単に言うとちょうどその間!!です。

下記のワックスと比べながら説明させていただきます。

◆ワックスの場合

IMG_0030_3

どの世代にも使いやすく扱いやすいスタイリング剤、ワックス。

ワックス・グリースともにジェルのようなパリッと感は出ませんが、手直しや、毛束感の出しやすさ等が魅力

また、ワックスとグリースを見ていただくと、グリースの方は艶があり、ワックスはよりドライな仕上がりに。

そして、ワックスの方が毛束感やボリュームを出しやすく、グリースはワックスよりも水分を多く含んでいる為、少し艶を含んだ上品で落ち着いたイメージに仕上がります。

まとめ

ジェル・グリース・ワックス 違い

(左から順に、ジェル・グリース・ワックス)

・ツヤ感

ジェル > グリース > ワックス

・キープ力

ジェル > グリース > ワックス

・手直しのしやすさ

ジェル < グリース < ワックス

・ボリューム感

ジェル < グリース < ワックス

<今回使用したスタイリング剤>

img_0032

左から順に、

  • モデニカタイトハードジェル
  • モデニカグリースファイバータイプ4
  • DITTA5.5(Marsオリジナル)

今回はショートスタイルでしたが、次回は人気のベリーショートを検討しています。乞うご期待!!